読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

放下著(ほうげじゃく)

放下著=名誉 財産 知識 立場 主義等を捨てよというのではなく、持っている自分自身を捨てきれという教え。 掃き溜めのような実家のガラクタをどんどん捨てていくと、まだまだ、もっと捨てられるんじゃないかと思えてきます。 どこまで捨てられるんだろう。 …

臨床宗教師と四次元セッション

臨床宗教師でもある奈良十輪院の橋本住職に四次元世界のお話を伺いました。 そもそも臨床宗教師とは、東日本大震災の青年僧ボランティア活動から発展し、岡部健ドクターの提唱により東北大学に心の相談室を開設、遺族の心のケアを行う。布教・伝導は行わず相…

serch inside yourself II

久しぶりに座禅会とヨガに通しで参加しました。5〜6年通っている門前仲町の臨済宗寺院です。 イケメン住職さんと初めてきちんとお話しました。こちらは住職さんのプロフィールを知っていても、あちらは毎回名前以外どんな人が参加しているかまではご存知あ…

真剣に離檀を検討している件

今朝NHKのあさイチで墓仕舞いの特集をしていました。お墓とは肉体から離れた魂の休む場所を担保する仕組みと私は考えています。 私の実家は江戸時代から臨済宗妙心寺派の檀家で、私で7代目になります。去年本堂新築に一口55万円の布施を求められ父が払いまし…

建長寺にて白熱教室

ちょうど一年前、鎌倉の建長寺で世界宗教者会議のそうそうたるメンバーでマイケル・サンデルの白熱教室を模した、一般向けトークイベントがありました。 建長寺は実家が檀家になっている寺院と同じ臨済宗なので、せっかくだから行ってみようと思い申し込みま…

法話会Ⅲ

更にご住職のお話は続きます。物忘れがあっても気にしてはいけません。気にすると本当にぼけてしまいます。よく喋る人は頭が働いてぼけません。男性に多い頑固一途で趣味のない人や怒りっぽい人は要注意です。笑うとNK細胞があらわれます、イライラせず笑…

法話会Ⅱ

ご住職のお話は私たちが暮らす住まいへ移っていきました。何か事件があったりするとその土地に魔がついているとわかる。土地は神様からの借り物なので地鎮祭という儀式をしてから家を建てる。東北・北西の鬼門に水場を作ってはいけない。新築やリフォーム時…

法話会

座禅会に通いだしたころ日本橋の奈良まほろば館のイベントで、奈良の阿倍文殊院のご住職のお話会があることを知り申し込みました。長く関西住まいで寺社仏閣史跡などそれなりに好きでしたが、すべてを回ることはできません。阿倍文殊院は行ったことがなかっ…

座禅会Ⅲ

後半の25分はもう自分との戦いでした。唾液を飲み込むタイミングすら掴めず呼吸も荒くなってくるのに動けない、姿勢を崩せないというのは静かな苦行でした。それでも「終わったらそごうで買い物しよう」とか「駅前のカフェでコーヒー飲もう」「次回は早めに…

座禅会Ⅱ

ここ数年心の平穏を求めてなのか、ある程度の年齢層の方々が仏教を学んだり、法話会や座禅会に参加しているのを見かけるようになりました。単純に自分もそちら側にシフトしただけで、以前は意識しなかったものが目に入るようになっただけかもしれませんが。…

座禅会

実家は臨済宗妙心寺派の檀家です。地方の田舎なので分譲墓地を購入するってなに?な感覚がいまだにあります。私は本家で育ったので、先祖代々のお墓も仏壇もすでにあるのが当たり前な環境でした。母の実家も旧家の地主でしたから同じよう感じで、お彼岸やお…