遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

東洋医学

受講生さんから有難いフィードバック

漢方講座ではリピーターさんが多く、いまだ収束点の定まらない私の話を通しで聴きに来てくれて本当に有難い限りです。 講義後に「有名な漢方薬局さんからお試しにエキス剤を取り寄せて飲んでます」とか「置き鍼してます」とか「ドラッグストアで購入したもの…

肝脾不和(かんぴふわ)でみぞおちが痛む

なんだかまたみぞおちが痛くて食べられなくなり、どんどん痩せていきました。 前回は父の軽度認知症の検査で病院のハシゴのため何度も帰省し、並行して母の介護もしていました。 遠くから検査予約をして私の都合といかに合わせて段取りするか考えるだけでぐ…

アウトプットの場に感謝しかない

4月から漢方講座でお話しさせていただいていますが、もしこれを個人でやるとしたら?と思うと感謝の念しかありません。 フリーランスで活動されている方は、どこかのスクールのオーディションを受ける、またはSNSでのイベント告知、コラボセミナーなどいずれ…

気を巡らすための #1日6000歩

今月も漢方講座でお話しさせていただいています。 陰陽五行思想で肝心脾肺腎がお互いを生かし抑制しながらバランスを取り合うと説明しました。 イマドキ殆どのことがぐぐればわかる時代ですから、プラスアルファがなければ受講生さんは楽しめません。 なにか…

腹6分目で老いを忘れ腹4分目で神に近づく

腹8分目ならよく聞くし、中年過ぎて消化器官の衰えを実感する自分にぴったりと思っています。 しかし6分目で老いを忘れるなんて‼︎ 4分目で神に近づくなんて‼︎ これはやらない手はありません。 ちょうど連休帰省で、連日叔母の手料理や地元のお店を訪問したり…

家に砂糖がないといったら驚かれた

先月の漢方講座で気血水(きけつすい)のお話に触れました。 水滞(すいたい)=(体内の水の滞り)が花粉症の原因といわれていて糖と湿(水)は仲良しですよ。湿が水滞に繋がりますよ。少し糖を減らしてみましょうねと提案しました。 私自身30代は酷い花粉症に悩ま…

思いもよらない告白

漢方講座を担当させて戴いていると、講義後生徒さんから思いもよらないお話を聞かせてもらえます。 皆んなの前ではいえなかったのだけれど実は身内に認知症の方がいて介護で困っています、とかクリニックで漢方薬を処方されて女性特有の不調に対応しています…

更年期に瓊玉膏ってどうなの?

今年の1月ぐらいからスタートした瓊玉膏(けいぎょくこう) 第2類の漢方薬で腎機能を高め補血の働きがある。成分は枸杞や地黄など自然由来のもの。 それだけだとなんのこっちゃ⁇となりますよね。 更年期女性や虚弱体質、ストレス過多の人向けに、体力の底上げ…

消化に使うエネルギーは膨大

私自身、漢方ドクターに指摘されていることです。 夜8時以降は食べないように。寝る2時間前までに食事を済ませましょう。腹8分目が長生きできますよ。もう聞き飽きるぐらい巷でいわれていますよね。 実際やれている人はどれだけいるんでしょう。 満腹のまま…

感情の老化は避けたい

半世紀も生きていると大概のことに既視感があり、実体験を伴わなくともなんかわかった気になります。 あ、それってあのパターンでしょ、前にもあったよね、またその話なの?等々。 感動や驚きが薄れ新鮮な気持ちを保つのが難しくなってきます。 これは私だけ…

1日6000歩を継続できる理由

いわれたことは一応守ります。でも義務感だけでは続かないので土砂降りや嵐の日まで無理しません。 1日6000歩を目安に歩いてみてと鍼灸ドクターにアドバイスされ、それなりの距離だし毎日は面倒だなと思っていました。 ところが2月ぐらいからやってみると意…

漢方講師デビュー

通っているヨガスタジオはお料理教室も併設されています。 以前このブログにも書きましたが、このお料理教室の枠で漢方のお話をしてほしいとオファーがあり、どんな内容なら若い女子に自分ごとと思ってもらえるか考えるようになりました。 そもそもやれるか…

風邪の入り口は風門

数年前の梅雨時、襟足から背中にかけてゾクゾクした冷えを感じました。 湿度が高く、まだそれほど気温が高くない日でした。 当時はなんの知識もなく、あれ、どうしたのかな?ぐらいに思っていましたがそこから喉の痛み、高熱、咳が止まらなくなりました。 風…

漢方知識の深掘りで我が身を振り返る

来週から漢方講座の講師をすることになり、おさらいのためいつもと違う先生のところへ習いに行きました。 現場でカウンセリングもしつつ、講座をいくつも掛け持ちされているので方なので90分の尺にぴったりおさまる講義でした。すごい‼︎ 瘀血(おけつ=汚れた…

些細なことで突っかかる人

こだわりや地雷の多い人は生きづらそうです。 そんなどうでもいいことに囚われていたら前に進めないでしょう、というところでいつまでも足踏みしています。 その人にすれば一大事なんでしょうけれど本当に大事なことに行き着く前に息切れします。 私の母がそ…

糖は湿をためやすい

漢方薬局で体質診断してもらうと、だいたい水滞(すいたい)という水はけの悪さを指摘されます。 身体のなかで水が滞っている。 水が上手く身体の中を巡らず、どこかに詰まりがある。 原因は気虚(ききょ)という気(エネルギー)不足からきているそうです。 元気…

孫オタに孫子の兵法を学ぶII

シリーズものの孫子の兵法勉強会にまた参加しました。孫オタからじっくりと教わるのは、小難しい書籍にいきなり飛びつくより入りやすいと思います。(単に読むのが面倒だから) なによりオタクな講師の人柄が素晴らしく、オタクであることを堂々と公言しかつ爽…

花粉症で釈迦に説法

この時期の話題といえばやはり花粉症ですね。 多くの人が辛い症状に悩んでいます。数年前まで私もその1人でした。 ということは今は治ったのか? はい、そうです。ほぼ治りました。 ではどうやって? 私がしたのはグルテンフリー生活です。 即効性はなく実感…

病は口から⁉︎

現代人は必要以上に食べすぎといわれています。 どこにいっても美味しそうな食べものが溢れていて、ダイエットしたくても誘惑に勝つのは難しそうです。 空腹でなくても食べるのは習慣によるものなのですね。時間だから食べようみたいな。 いま、本当に空腹で…

急なオファーにびっくり

私が通うヨガスタジオには料理教室も併設されているのですが、ある日社長から「漢方スタイリストとやら持ってるならなにか教えてみませんか?」と急なオファーがありました。 え、ちょっと待ってと思いましたが、そういえば自分が漢方スクールに通ってインプ…

病膏肓に入る やまいこうこうにいるII

肩甲骨の角にある膏肓(こうこう)の痛みに7年も苦しんでいます。 kaigo-mind.hateblo.jp 初めはただの背中の凝りと思い、マッサージや整体、カイロプラクティック、鍼灸・吸い玉、アロマセラピー、整形外科、気功や太極拳まで習いに行きましたが、どれも完治…

一無、二少、三多の日

1月23日は一無、二少、三多の日だそうです。 ないほうがよいもの一つ(喫煙) 少ないほうがよいもの二つ(飲酒、食事) 多いほうがよいもの三つ(動く、休む、接する) http://www.seikatsusyukanbyo.com/main/yobou/02.php なるほど。 わざわざ記念日を制定するな…

生命を司る腎を温める

五行色体表を見たことのある方も多いと思います。 肝心脾肺腎の五臓がそれぞれバランスを取りながら健康を維持するという考え方ですね。 とりわけ腎はホルモンや生殖を司るといわれていて加齢に伴い不調になっていきます。腎機能の衰えは耳が遠くなり、髪が…

更年期の症状は放置しないで

40代半ば過ぎで、若い頃となにも変わらないという人は男女問わずほぼ皆無なのではないでしょうか。 ごく稀に体力も見た目もあまり変化しない人もいますが、それは持って生まれたなにかが違うか、人知れず努力や工夫をしているはずです。 女性の場合はちょう…

偏頭痛の治し方

小学生からの頭痛(偏頭痛)持ちです。いや、でした。 母と性格・体質・言動・考え方までそっくりで、年中頭が痛いと言っているところまで似てしまいました。 若い頃はすぐ鎮痛剤の助けを借りていました。 だんだん効かなくなるんですよね。耐性ができるんでし…

機能性ディスペプシアII

ずっとみぞおちが苦しくて食事ができず、どんどん痩せていくのに胃カメラを飲んでもなにも見つからず投薬治療をしています。 kaigo-mind.hateblo.jp 長年の遠距離介護疲れや父の余命を予感していたような不思議な体調ですが、四十九日法要を済ませたあたりか…

身体が正直すぎて驚くII

宮城と千葉を何度も往復していますが、慌ただしいばかりで用事が進んでいるのかよくわかりません。 どこまでやったんだっけ? 車の保険が月末で失効することに気づき、生協さんの切り替えとか日常を円滑に送るためのこまごまを急に思い出します。 気が急いて…

身体が正直すぎて驚く

私は父のMCI(軽度認知症)診断が自分で思うより相当ショックだったらしく、今頃になって春から夏にかけてかなり疲れているように見えたと周りにいわれました。 その頃から一気に体重が減って、それまでの服がブカブカになっていたのです。 ウェストがぐるぐる…

機能性ディスペプシア

8月頃からみぞおちがつかえて食べられなくなり、どんどん痩せていきました。 10月に友人から指摘されてすぐ受診して胃内視鏡検査をしました。 「5月のときと変わりないですよ。大丈夫です」定期検診を5月に受けていました。 じゃなんで痛いの?なんでつかえ…

漢方スタイリストへの道

認知症の母に抑肝散を飲ませた間違い、私に処方された加味逍遙散、疎経活血湯の仕組みが知りたくなり漢方スクールに通いました。 遠距離介護に通う日程と調整しながら、できるだけ振り替え受講せずに済むようスケジュールを組みました。 国際中医師から東洋…