読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

額面通りもほどほどに

よく死んだ後は家も土地もやるから、なんて親が言ってませんか。本気で言ってるんでしょうかね。片付けたり処分するのが面倒なだけじゃないんですかね。 本当に価値があるのかきちんと調べて言ってるんですか。収益も生み出さない、買い手もつかない土地の価…

地方への移住

近頃の若い人は地方に魅力を感じるとかで、わざわざ都会から移住する人も多いそうですね。 東日本大震災でボランティアに参加し、そのまま私の地元宮城県に移住した若者グループがいます。 都会では味わえない人間関係や自然に魅せられて、限界集落のシェア…

未来の被介護者のために

いずれ私も介護される日がくるでしょう。その時に今の経験が活きるかどうかわかりませんが、一つだけ丁寧にしてもらえるコツがあります。 お世話しやすい人になることです。 こればかりは性格や病の種類によるのでなんともなりませんが、いくらAIが介護を担…

私に愚痴ってもあなたの夫はかわらないよ

友人の夫が「俺が時給いくらの仕事をしてると思ってるんだ‼︎」と怒鳴るらしく、自己肯定感の低い彼女は、自分はダメ人間なのだと日々否定されていたたまれないそうです。 私に愚痴られても、その人を選んだあなたに問題があるわけで嫌なら別れるしかないでし…

誰だって最後は1人

独居老人を見て「淋しそうね」なんて言う人がいますが、私たちの未来の姿なんですよ。いずれ行く道。 家族に囲まれ仲良く楽しく暮らしていても、亡くなったり、嫁いだり、別れたりで1人抜け2人抜け、最後は1人ぼっちです。 永遠に続く間柄などありません。 …

ウチのヨメと言った途端品性を疑う件

個人的な感覚なのですが、自分の奥様を外でなんと呼んでいるかで、その方の見方が変わります。 無意識に長年の習慣でしていることに意味はないとわかりつつ、とても好印象な若い方がヨメと言っていて違和感がありました。(息子の嫁というように、嫁ぎ先の親…

急なお墓まいり

実家のパソコンをヤマダ電機でメンテしてもらった後、虫の知らせがあったので急遽親族のお墓まいりに行きました。当然、お供えやお花の用意は何もしていませんでした。 同行した父は「明日でもいいよ」と言ってましたが、遠縁のその方が風の便りに亡くなった…

キョウイクとキョウヨウ

数年前からよくいわれていますが、高齢になると今日行く場所、今日する用事があるとないとでは、生活の張り合いがまるで違うということです。 地縁血縁のない土地に住み、現役時代はそれでよくてもふと気づくと近所にお友達がいません。お隣さんがどんな方な…

70過ぎると友達がどんどんいなくなる

だいたい70過ぎると毎年友人が減っていきます。 ついこないだ会ったばかりなのに。先週電話で話したばかりなのに。ということが増えていきます。 数年前、たまたま実家で父の友人の電話を取ったので取り次ぎました。入院中で病院からかけてくれたそうです。 …

ずっと見ていたい光景

先日ランチで中華のお店に入ったら、私の隣に高齢男性と私ぐらいの女性が座りました。親子のようです。 平日のお昼からビールと飲茶をお供に楽しそうに過ごしていました。 娘さんはお父さんが美味しそうに食べる姿をスマホで撮影しながら、飲茶の食べ方を解…

おばんです

地元宮城県で、こんにちわとこんばんわの間の黄昏時に使う挨拶言葉です。(夜でも使う場合もあります) なんだか懐かしい、温かな響きがしませんか? 夕暮れの寂しくなる時間帯、なぜかソワソワして用もないのに早く帰りたくなる絶妙な頃合いに使うと郷愁感マ…

共依存は居心地いい?

親族に、夫の暴言・暴力に長年悩んでいて事あるごとに愚痴をこぼす女性がいます。 ある時23時過ぎに私のケイタイが鳴って出てみると「夫が暴れていて手がつけられない、助けてほしい」という内容でした。 そこって名古屋ですよね?なんで千葉の私に電話して…

諸行無常があたりまえなんだ

今日の続きが明日と思いたいけれど、明日がこない場合もあります。 突発的な事故や自然災害で、サヨナラを言えないままのお別れもあるでしょう。「会って謝っておけばよかった」と後悔するかもしれません。 友達だと思っていたけれど、別の進路を見いだして…

serch inside yourself

マンドフルネスといわれて久しいですが、私が日頃少しだけ意識していることをご紹介します。 イマ、ココ に集中するために、行けるときだけの座禅会。法話会。若い人の集まる仏教勉強会。若い人の集まる読書会。書道。そしてヨガと深い呼吸の瞑想。 他人の評…

説明できない関係性II

急性心筋梗塞を起こし、ICUから一般病棟へ移った経営者は一命を取り留め自宅療養することになりました。 お見舞いに行ったとき、カテーテル手術を担当したドクターが病状説明してくださるタイミングだったので、なぜか一緒に聞く流れになりました。 素早い処…

説明できない関係性

若い頃、勤務先の経営者が決算月の月末に、贔屓にしていたお店で気分が悪くなり倒れ救急搬送されました。 翌朝が小切手や手形の期日で、経理を担当していた私は携帯に何度もかけましたが繋がりませんでした。 ほどなくして役員が「実は夕べこれこれで…」と説…

thinkよりfeel jadgeよりchoice

「考える」より「感じる」を優先すると楽に過ごせるのでしょうか。 「判断」せずに素直に「選ぶ」と、自分にとってよい結果になるのでしょうか。 普天間直弘氏の著書を年末年始に読み直してみたらナルホドな感覚を覚えました。 そう、私は何かを決めたり行動…

生前退位。平成の終焉

昭和天皇が崩御された年、この国はバブルの頂点でした。私も様々な恩恵がありました。 消費税の導入もありました。 元号が新しくなって昭和時代の人を揶揄するような現象も出てきました。 そして昨年、今上天皇が生前退位されるとのお言葉がありました。周囲…

殿、利息でござる。悲喜こもごも

映画「殿、利息でござる」の主人公穀田屋十三郎は私の同級生の御先祖様です。 まさかこんな実話があるとも知らずにこれまで生きてきました。 ある時、地元自治体の職員から映画の告知で困っていると連絡がありました。私は仙台でITコンサルティングの仕事を…

今、あるものを活かそうよ。

高齢の親家片をしていると、もれなく「お客さん用に」とか「何かの時の為に」といって使わない食器や布団、賞味期限切れの食品まで山のようにあります。 お客さんって誰?ケアマネージャーしか訊ねてこないのに、親戚だってみんな高齢で誰も来ないのに・・・…

高齢者の定義が75歳ですって

勤労者を増やして納税者を増やしたいのかしら?国家の税収不足をなんとか補いたい意図が見えますが。 年金支給がどんどん遅くなり、おそらく私ぐらいでも支給開始年齢は早くて70歳かと思います。生涯現役とか女性活躍とか耳障りのいい言葉を並べ立ててますが…

新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は各方面の皆様にお世話になりました。 なかなかできない数多くの体験と、滅多にお会いできない方々と知り合えて、更に柔軟に生活を楽しむ事ができました。 今年も自分の機嫌を上手く取りつつ、遠距離介護とのバランスを取りながら健康第一でやってゆ…

今年の10大ニュース

①ナリワイ主宰の伊藤洋志さんにお会いできた。 生きる事が仕事という理念のもと、モンゴル武者修行や熊野で廃校になった小学校をパン屋さんにしたり、書店にしたり、床張りや遊撃農家、シェアハウス等、ありとあらゆる可能性に挑戦し続けておられます。 ②ギ…

地方の不思議な風習

先日、甲信地方の方と話していて地域に「貯金会」という不思議な組織があると聞きました。つまり互助会ですね。 私の地元宮城県にも契約構という集落ごとに冠婚葬祭を助け合う仕組みがありますが、他所から若い人々が流入してきて高齢者の方だけで細々やって…

嫌な事を嫌だというと愛されなという思い込み

友人の夫が55歳で早期退職して熱海へ転居し、好きな事だけして暮らすという青写真を描いています。 友人は地方出身で田舎コンプレックスがあるので、都内の生活を絶対に手放したくありません。なので熱海暮らしは選択肢にありません。 なのに、先日中古物件…

空き家持ち主に声をかけてみた

実家の敷地と境界を接しているお宅が空き家です。正式には荷物置き場のような感じです。戦後、私の祖父がその一角を親族に売却し、その後今の持ち主の父親に転売されました。 昔から挨拶だけはする間柄で、特にトラブルを抱えてはいません。 一家は10年以上…

やらない事リスト

日本一有名なニートphaさんの著書にもありますが、私も極力やらない事をリスト化、意識化しています。 どうでもいい事に囚われて時間を使うと、本当にコミットしたい事に注力できないからです。 だいそれたミッションがあるわけではありませんが、遠距離介護…

事実を深刻に捉えない

目の前の出来事は、それ以上でも以下でもなくただ事実を脚色なくそのまま捉えることが大事と思います。他人事だと「あ~大変そう」と思う感覚を、自分にも上手く置き換えられるかどうか。 少し俯瞰できると対応策や解決策、または人に話してみて離すという方…

上村松園になりたかった母

序の舞 などの作品で有名な女流画家の上村松園さんに憧れていた母は、絵も文字も本当に綺麗でした。美大に入りたかったそうですが、「絵描きで食べていけるわけない」という祖母の一声で諦めました。 もしその道に進んでいたらどうなっていたでしょうね。た…

自分から掴みに行った出会いⅡ

約束のピアノ教室まで電車で約30分。初めて降りる駅で、知らない住宅街を抜けた先の二階建ての一階部分が教室でした。少し早めに着いてドキドキしながら周囲で時間調整しました。 玄関のインターホンを鳴らすと、優しそうな女性が現れました。ショーウィンド…

自分から掴みに行った出会い

実家がピアノ教室の大家さんをしているのですが、母が認知症になりその介護が思いのほか大変で私も毎月新幹線で帰省していますが、遠距離介護とゴミ屋敷片付けでヘトヘトで大家さんとしてなにもできずにいました。 お教室の掃除もろくにできず、冬場の暖房セ…

他力に上手く働きかけよう

なんでも自分で解決しようとする人っていませんか?依頼心たっぷりよりいいけれど、そもそも多くの人との関わりの中で相互に関係性があって生かされているわけで、単体ですべて解決できるはずないのですがね。 そういう前提がないから、一人ですべてを背負い…

相続税相談 こんなやり方も

2015年1月に税制改正があり、これまであまり関係なかった一般人にも対象が広がってきました。特に首都圏で持家の方。 2014年から様々な媒体で相続税セミナーが開催されるようになりました。心当たりのある人、自分は対象になるのかよくわからない人も含めて…

わからないから教えて下さい 困っているから助けて下さい

この二つがいえたら、大概どうにでもなると思います。やる気がなくて依存する気まんまんだと「またかよ」と呆れられますが、いえない人は物事を深刻にかつ自分だけの問題と捉えがちで、真面目の方向性を間違っています。 他者目線だと「それは問題ですらない…

私の担当顧客を盗んだ上司 Ⅲ

理不尽はまかり通るもののようです。私の担当顧客を勝手に自分の担当にして手数料を稼ぎ、くだんの上司は都心の大口顧客が多数口座を持ち、売買の出来高も国内有数の店舗へ栄転していきました。 引き継いだ後任者は、損切りばかりさせられた顧客の対応に苦慮…

私の担当顧客を盗んだ上司 Ⅱ

いくら株式市場の勉強不足でも、「あれ売ってこれ買いましょう」的な売買を繰り返していたら「自分は手数料稼ぎのカモにされているのではないか?」と気づくはずです。 最初の東証一部銘柄のあとは、なぜそれを売って別の銘柄を買うのか、またさらにそれを売…

私の担当顧客を盗んだ上司

四半世紀も前の話だけど、ふと思い出したので備忘録的に書いておきます。新卒当時、金融機関に勤務していました。 今と同様にコンプライアンス規定が厳しく、何をするにも本人確認、至急ほうれんそうが当然でした。当たり前ですが。 そんな折り退職金のほぼ…