遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

自然災害

今朝、慌てて食器を処分

実家がゴミ屋敷のまま東日本大震災で被災したので、そこから片付けスイッチが入りました。 なんじゅう年も溜め込まれたモノを出すだけで疲労困憊。毎月新幹線で通い介護と並行しながら4年の歳月を費やしました。 ライフスタイルが変化したのに昭和の価値観の…

大家さん的地震発生時の対応を再確認 連絡手段を持たないのは助からないのと同じと心得よ

実家でピアノ教室をやっています。 私が滞在中であれば地震発生時も対応できますが、千葉の自宅にいるとどうにもなりません。 今朝すぐに管理会社の担当さんに連絡して、緊急時の対応方法、避難経路を貼り出す等の対策を確認し保護者さん講師さんらと情報共…

不在実家で水道管が破裂

自治会のお世話係さんから実家の水道管が破裂してると叔母経由で連絡があり、またまた遠隔操作で多くの人に動いてもらいました。 今日はちょうどピアノ教室の日で、管理会社の担当メンズが駐車場の雪掻き具合と灯油の補充、ゴミ箱の交換に来ると連絡をもらっ…

線状降水帯

先日の九州北部豪雨では甚大な被害があり、いまだ行方不明者が見つかっていません。 昨年の熊本地震の復興もまだ道半ばの折に今回の豪雨で、実家が東日本大震災の被災地になり、親の生死が分からずとても胸が苦しかったことを思い出しました。 捜索活動の報…

宮城県沖地震II

http://www.city.sendai.jp/kekaku/kurashi/anzen/saigaitaisaku/kanren/1978nen.html 1978年6月12日の午後、友達の家で一緒に宿題をしていました。 梅雨時でしたがその日は薄曇りで雨は降っていませんでした。 kaigo-mind.hateblo.jp 以前も投稿しましたが…

3.11に寄せて

もう6年経つのですね。 あの日は午前中千葉のアロマスクールの体験に行き、午後からの出勤でした。 最初にガラスがガタガタいって春の強風かな?なんて思っていたら14:46に立っていられない揺れに襲われました。 どこかに掴まって凌いだと思います。取り敢…

震災その後Ⅲ

時間の経過は早く、そうこうするうちにすぐお盆休みになりました。 またゴールデンウィークの時と同じように、継ぎはぎだらけの高速道路を大渋滞のなか帰省しました。毎年ながら猛暑でエアコンで怠くなるし体力がどんどん消耗していきます。 実家に着くと母…

震災その後Ⅱ

連日震災被害の報道ばかり流れていましたが、少しづつライフラインも復旧してきて高速道路や新幹線も再開しました。もうゴールデンウィークでまとまった休みが取れたので帰省することにしました。当て布で継ぎはぎしたようなでこぼこの東北自動車道は、そう…

震災その後

東日本大震災発生から4日間実家の固定電話が通じなくなり、テレビではヘルメットを被った安藤優子さんなどキャスターの人達が、しだいに明らかになってくる被害情報を刻々と伝えています。 道路が寸断され現地入りしようにもヘリしか手段がありません。流通…

初動を逃しその後

翌年私は生活拠点を千葉に移しました。近くに親戚も住む場所でしたが、自分が住むのは初めて。沿線の雰囲気もいまいちわからず、でも都内に出るのはそう不便じゃないな・・・ぐらいの認識でした。買い物するお店や最寄り駅、病院や銀行、郵便局など把握しな…

宮城県沖地震

実家のある宮城県はもともと地震の多い土地で、何年かごとに大小さまざまな地震が起きていました。小5の6月のある日、友達の家で一緒に宿題をしていました。おそらくP波と呼ばれる最初の揺れで廊下のガラス窓が急にガタガタしだして「夕方になって風が強…