読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

ヴィーナスの誕生と春

ボッティチェリの名作を知ったのは、一条ゆかり先生の「有閑倶楽部」でした。漫画の舞台聖プレジデント学園の修学旅行先はヨーロッパです。 ローマまでならまだしも花の都フィレンツェってどうやって行くんだ?でもあの作品を見てみたい!という気持ちをずっ…

家族が認知症になるとなぜ困るの?

診断されると今後どうすればよいかわからないものです。今は物忘れ外来で病名がつくと、しかるべきケアを受けるためにソーシャルワーカーさん、ケアマネさん、介護施設の紹介、包括支援センターでの手続と、順を追って進めていけるような仕組みができていま…

物忘れと認知症の違い

最近物忘れするようになって、認知症かしら?なんて会話を聞いたりします。安心して下さい。それはただの物忘れです。 認知症は「できごとそのもの」を丸ごと忘れてしまうのが特徴です。 初期は本人も病識があるので、家族に「ほら、こないだ○○に行ったとき…

金融機関での本人確認

認知症の母の介護サービス利用料は口座振替で支払っています。 本人の年金や預貯金を出し入れするのですが、金融機関は「ご本人様が来て下さい」の一点張りです。 高齢なのでキャッシュカードも持っていなくて、通帳、印鑑、本人確認証、委任状などが必要に…

八海山の蔵見学II

八海山酒造の古民家宿で目覚めると、快晴で越後山脈までくっきり見えました。こんな日は滅多にないそうです。 魚沼の里にある社員食堂で贅沢な朝食を食べてから、酒蔵見学の続き〜スノーシュー体験が今日のスケジュールです。 ほどよく積雪はある、かつ風も…

八海山の蔵見学

ワークショップやセミナーに何度も参加していたご縁で、魚沼の八海山酒造の酒蔵見学に参加しました。 到着早々、ヴィレッジのお蕎麦屋さんでキノコ蕎麦と甘酒を戴き、酒蔵でお米を揉んだりの実演、シュウマイ作りの料理教室、蔵人さんを囲んでの宴会で非売品…

憂国呆談ライブ

田中康夫先生と浅田彰先生のトークライブに、11月に引き続き参加しました。 普段はクローズドですが、今回はソニービルさんの期間限定書店、エディット東京さんのイベントでオープンでした。 田中康夫先生は中学生の頃、デビュー作「なんとなくクリスタル」…

作者さんと対面‼︎

若年性アルツハイマーのお母様の漫画を書かれた、イラストレーターさんとお会いできました。 きっかけは近くのカフェで介護のお話会をするので参加したら、漫画に出てくるお父様を紹介され、一般販売していない漫画を読ませて戴いたことによるものです。 私…

介護でひきこもり

引きこもりの高齢化がニュースになっています。40前後だと就職氷河期世代で、取り敢えずの非正規雇用を繋いで今に至る方も珍しくないでしょう。 新卒で正社員のコースに乗れないと、その後の道のりが険しくなるのが日本の社会構造です。 女性なら家庭に入る…

serch inside yourself

マンドフルネスといわれて久しいですが、私が日頃少しだけ意識していることをご紹介します。 イマ、ココ に集中するために、行けるときだけの座禅会。法話会。若い人の集まる仏教勉強会。若い人の集まる読書会。書道。そしてヨガと深い呼吸の瞑想。 他人の評…

古代への情熱

高校時代にシュリーマンの伝記を読み、もともと歴史とか漢詩が好きで学芸員に憧れていましたが成績がついてゆかずに断念(笑) けれど長屋王の屋敷跡が見つかったり、淀君の茶室が発掘されたり、大人になってからもリアルタイムで歴史が塗り替わる事実がわか…

朝のメイク問題

介護していると、どうしても自分に手をかける時間が減ります。自分のためだけに自由に行動できない、被介護者を見守る、動きを待つ時間が長く、しかもながらが難しかったりします。 特に朝の身支度で先に自分のことを済ませておかないと、「後でやろう」なん…

つちやかおりさんを批判する人たち

夕べテレビを見ていたら、以前からお母様が認知症であることを公開していた、タレントつちやかおりさんを取り上げていました。 発症から16年、同居のお兄様が肺気腫で寝たきりのお父様とお母様の介護をされていて、お兄様も介護うつになり、つちやさんも先天…

アレクサンダーテクニーク

山口裕介先生の講座に参加させて戴きました。左肩甲骨の痛みがもう数年続いています。 ダブル遠距離介護から、現在は宮城県に住む認知症の母の身体介助をするたびに「転倒させちゃいけない‼︎骨折から寝たきりになったら認知症が進行する‼︎」と毎回緊張が走り…

実家断捨離の総括

和ダンス2 整理タンス3 食器棚4 食器多数 サイドボード2 ダイニングセット1 電話台2 固定電話4 本棚4 シューズボックス3 囲炉裏テーブル1 衣装ケース40 靴100 和服70 茶道具 日本画道具 額縁多数 8段飾り雛人形 こけし多数 傘30 ぬいぐるみ多数 バッグ多数 …

説明できない関係性II

急性心筋梗塞を起こし、ICUから一般病棟へ移った経営者は一命を取り留め自宅療養することになりました。 お見舞いに行ったとき、カテーテル手術を担当したドクターが病状説明してくださるタイミングだったので、なぜか一緒に聞く流れになりました。 素早い処…

説明できない関係性

若い頃、勤務先の経営者が決算月の月末に、贔屓にしていたお店で気分が悪くなり倒れ救急搬送されました。 翌朝が小切手や手形の期日で、経理を担当していた私は携帯に何度もかけましたが繋がりませんでした。 ほどなくして役員が「実は夕べこれこれで…」と説…

thinkよりfeel jadgeよりchoice

「考える」より「感じる」を優先すると楽に過ごせるのでしょうか。 「判断」せずに素直に「選ぶ」と、自分にとってよい結果になるのでしょうか。 普天間直弘氏の著書を年末年始に読み直してみたらナルホドな感覚を覚えました。 そう、私は何かを決めたり行動…

生前退位。平成の終焉

昭和天皇が崩御された年、この国はバブルの頂点でした。私も様々な恩恵がありました。 消費税の導入もありました。 元号が新しくなって昭和時代の人を揶揄するような現象も出てきました。 そして昨年、今上天皇が生前退位されるとのお言葉がありました。周囲…

お座敷で投扇興

東京農大の社会人講座でお座敷遊びをしてきました。 浅草のフグ屋さんで美味しいお弁当を食べてから、二階のお座敷で醸造学科の教授に指南して戴いて、いい大人の皆さんで楽しく遊びました。 私ともう1人の方以外は、以前他の催しものでお友達になっていて既…

屋根裏からスズメバチの巣が

人が住まない家は痛みます。換気も掃除もしないので、澱んだ空気で天井は蜘蛛の巣だらけ、虫が湧いていたり、押し込んだ衣類はカビだらけだったり。 今、ピアノ教室になっている実家の部屋は、昔は小さな床の間、押入れ、作りつけクローゼットが二つもある収…

殿、利息でござる。悲喜こもごも

映画「殿、利息でござる」の主人公穀田屋十三郎は私の同級生の御先祖様です。 まさかこんな実話があるとも知らずにこれまで生きてきました。 ある時、地元自治体の職員から映画の告知で困っていると連絡がありました。私は仙台でITコンサルティングの仕事を…

差し入れは相手の好みのものを

年末年始、母がショートステイだったので面会に行きました。 出掛ける直前、買い物から戻った父が、熨斗紙が掛かったミカン箱を持って行くように言ってきました。 「スタッフさんに渡すように」とのことですが、ミカンがあまり好きではない私は正直イラッと…

皇室アルバムに三島由紀夫が!!

お正月実家に帰省していたとき、民放最年長番組だという皇室アルバムがテレビから流れていました。 お若き頃の美智子妃殿下が、現皇太子殿下の徳仁親王を連れて学習院幼稚園の体験入学に参加されているご様子でした。 その日はひな祭りの行事で、カメラが父…

霧ヶ峰とセラ真澄

善光寺へ昨年のお礼参りに行きました。今年はまだ雪が少なく、霧ヶ峰高原の途中まで行けました。 ここも戦場ヶ原と同じニッコウキスゲの群生地なのですね。初めて知りました。その名の通り霧がかかっている日が多く、山の稜線を見渡せることはあまりないよう…

ルイヴィトン

昨年自分へのご褒美に、数年ぶりにルイヴィトンで買い物しました。 学生時代初めてスピーディのバッグを買って以来30年、いっときブランド熱は冷めてしまったけれど、雨風に放置しても丈夫な作りは頼りになります。パリの本店で旅行ボストンを買ったこともあ…

今、あるものを活かそうよ。

高齢の親家片をしていると、もれなく「お客さん用に」とか「何かの時の為に」といって使わない食器や布団、賞味期限切れの食品まで山のようにあります。 お客さんって誰?ケアマネージャーしか訊ねてこないのに、親戚だってみんな高齢で誰も来ないのに・・・…

高齢者の定義が75歳ですって

勤労者を増やして納税者を増やしたいのかしら?国家の税収不足をなんとか補いたい意図が見えますが。 年金支給がどんどん遅くなり、おそらく私ぐらいでも支給開始年齢は早くて70歳かと思います。生涯現役とか女性活躍とか耳障りのいい言葉を並べ立ててますが…

国際中医師に陰陽五行を学ぶII

漢方薬は煎じ薬とエキス剤のどちらにするか訊かれます。煎じ薬は効果が高いけれどホーローのやかんで30分煮出さなければならない。ウチにはアルミのやかんしかない。毎回30分煮出すなんて、それがストレスになりそう… なので顆粒のエキス剤にしてもらいまし…

国際中医師に陰陽五行を学ぶ

認知症の母に抑肝散を飲ませて失敗し、自分自身も様々な不調を抱える年代になり漢方薬のお世話になる機会が増えました。 担当の国際中医師の周先生は丁寧なカウンセリングで、その時の私の状態がどのように過不足がありなにをすれば陰陽バランスがとれるのか…

母の施設で同級生に遭遇

年末年始ショートステイを組んでいたので、昼食時母の面会に行きました。 デイサービスとは別の階なので、知っているスタッフさんはいません。 女性職員さんに挨拶をすると「あ〜〜久しぶり‼︎のぞみさん⁈」その人は小中学校の同級生でした。えええっこんな所…

ビジホでおせち

年末年始、実家に帰省する前にどこかで前泊するようにしています。やはり長距離移動は疲れるので、少しゆっくりしてから親と会いたいのです。 今年は宮城県大河原町のビジネスホテルに前泊したのですが、元日の朝なんと朝食がおせち料理でした。 厨房は近所…

新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は各方面の皆様にお世話になりました。 なかなかできない数多くの体験と、滅多にお会いできない方々と知り合えて、更に柔軟に生活を楽しむ事ができました。 今年も自分の機嫌を上手く取りつつ、遠距離介護とのバランスを取りながら健康第一でやってゆ…

今年の10大ニュース

①ナリワイ主宰の伊藤洋志さんにお会いできた。 生きる事が仕事という理念のもと、モンゴル武者修行や熊野で廃校になった小学校をパン屋さんにしたり、書店にしたり、床張りや遊撃農家、シェアハウス等、ありとあらゆる可能性に挑戦し続けておられます。 ②ギ…

フォトセッション

もう去年の話ですが、モデル菅原笑美子さんご夫妻のフォトセッションに参加しました。ご主人はフォトグラファーの菅原宏さんで、アーティスト写真なども手掛けておられます。 キメポーズで撮られにいくのではなく、自分以外のもの(花、ペット、子供など)に意…

地方の不思議な風習

先日、甲信地方の方と話していて地域に「貯金会」という不思議な組織があると聞きました。つまり互助会ですね。 私の地元宮城県にも契約構という集落ごとに冠婚葬祭を助け合う仕組みがありますが、他所から若い人々が流入してきて高齢者の方だけで細々やって…

雄勝硯がとり持つご縁。

年内最終の書道教室でした。私の師範がカメラが趣味で、震災以降被災地を記録しつづけておられます。 個人の展覧会の際に、ちょっとした写真コーナーを設けたりしていますが、積極的に宣伝するとかはせず、聞かれれば「実は…」と答えるぐらい控えめな方です…

親を受診させるタイミング

まだ自分には関係ないと思っていても、なんだか親の様子がおかしいな?と思う事があるでしょう。 またまた昨日のあさイチでやってましたが、ここが最初の関門です。 歳のせい。元々の性格もあるし。と先延ばしにしているとかなり認知症が進んでしまい、初期…

公開実技試験

卒業したヨガ養成講座の公開実技試験に生徒役で参加しました。 ちょうど去年、一年間の座学を終えて同期の前でインストラクションを発表しました。 あれもこれも…と思いつくものの、どのようにポーズを繋げて組み立てたらよいか、日頃のレッスンがいかに受け…

宿坊体験Ⅱ

上田市で地域おこし協力隊をしている友人が、善光寺近辺のおススメカフェを教えてくれました。流行りの古民家カフェですが、長年営業しているタクシー運転手さんもわからない。 その一帯の地番が全部同じなのでナビを何度見てもわからない・・・ 無理かなぁ…

宿坊体験

善光寺の参道には何軒かの宿坊があります。本物の精進料理を食べたいという理由だけで行ってみました。 精進料理を出すお店ならありますが、僧侶が作った本格的な料理を宿で戴けるなんて! 繊細な切り込みで菊の花を型どったお豆腐、蕎麦がき、里芋のつくね…

獺祭Bar

父の誕生祝いとお歳暮を兼ねた贈り物を探しに、京橋の獺祭Barへ行きました。 長門市出身の介護友達から教えられて、行く機会を伺っていました。 オフィス街なのでランチ時なのにお客さんは私だけ。丼物やカレーなどのランチメニューもありますが当然お酒も…

嫌な事を嫌だというと愛されなという思い込み

友人の夫が55歳で早期退職して熱海へ転居し、好きな事だけして暮らすという青写真を描いています。 友人は地方出身で田舎コンプレックスがあるので、都内の生活を絶対に手放したくありません。なので熱海暮らしは選択肢にありません。 なのに、先日中古物件…

空き家持ち主に声をかけてみた

実家の敷地と境界を接しているお宅が空き家です。正式には荷物置き場のような感じです。戦後、私の祖父がその一角を親族に売却し、その後今の持ち主の父親に転売されました。 昔から挨拶だけはする間柄で、特にトラブルを抱えてはいません。 一家は10年以上…

冬扇夏炉

若い頃、大阪市立大学の近くに住んでいました。学生さん御用達の 冬扇夏炉(とうせんかろ) というお店があり、レモンライスというメニューが有名でした。 行こう、行こうと思いつつお店は多くの在学生、OBに惜しまれながら閉店しました。お店を営むご夫妻が…

やらない事リスト

日本一有名なニートphaさんの著書にもありますが、私も極力やらない事をリスト化、意識化しています。 どうでもいい事に囚われて時間を使うと、本当にコミットしたい事に注力できないからです。 だいそれたミッションがあるわけではありませんが、遠距離介護…

新しい施設の見学

二か所目のショートステイ場所となる施設の見学に行きました。内覧会の時は私だけ参加だったので、父は中の様子は知りません。 母がお世話になる介護度の高い利用者さんのリビングに通されると、皆さん昼食前の体操をしていました。 居室、トイレ、浴室を見…

事実を深刻に捉えない

目の前の出来事は、それ以上でも以下でもなくただ事実を脚色なくそのまま捉えることが大事と思います。他人事だと「あ~大変そう」と思う感覚を、自分にも上手く置き換えられるかどうか。 少し俯瞰できると対応策や解決策、または人に話してみて離すという方…

上村松園になりたかった母

序の舞 などの作品で有名な女流画家の上村松園さんに憧れていた母は、絵も文字も本当に綺麗でした。美大に入りたかったそうですが、「絵描きで食べていけるわけない」という祖母の一声で諦めました。 もしその道に進んでいたらどうなっていたでしょうね。た…

新幹線に乗ってケアマネと面談

母を毎週ショートステイに預けるに当たって、二か所の施設に振り分ける事になりました。 これまでの施設は月3回、新しく契約する施設では月1回から2回。 今日は二か所の施設の相談員さんとケアマネさん同席で契約手続き、説明を受けるために実家に集まりまし…