遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

今、あるものを活かそうよ。

高齢の親家片をしていると、もれなく「お客さん用に」とか「何かの時の為に」といって使わない食器や布団、賞味期限切れの食品まで山のようにあります。

 f:id:nozosan-net:20161229174704j:image

お客さんって誰?ケアマネージャーしか訊ねてこないのに、親戚だってみんな高齢で誰も来ないのに・・・

 

何かの時っていつ?それこそ今なんじゃないの?もったいながって賞味期限のある戴きものをしまい込んでも、どうせダメにするのは目に見えてるよ。そのパターン何年繰り返してるの?

 

結果食べられることなくゴミになった大量の食品を箱から出し、自治体の分別に従って仕分けし、曜日ごとに出す手間といったら語るも涙です。なぜその時食べるか、人にあげるかしないの?

 

お客さん用といいながら、本当にお客さんが来た時はもう存在を忘れている。

 

もったいないもったいないと奥へ押し込んで、二度と出てこない。

 

長年忘れてたくせに、いざ処分しようとすると猛反対する。

 

もう疲れたよ、パトラッシュ。