読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

ずっと見ていたい光景

先日ランチで中華のお店に入ったら、私の隣に高齢男性と私ぐらいの女性が座りました。親子のようです。

 

平日のお昼からビールと飲茶をお供に楽しそうに過ごしていました。

 

娘さんはお父さんが美味しそうに食べる姿をスマホで撮影しながら、飲茶の食べ方を解説していました。

 

ハキハキと話す娘さんに、お父さんはうん、そうかなど言葉少なく、それでも非常に満足そうな様子が見てとれました。

 

私は、父親の小皿や調味料を準備し甲斐甲斐しく世話を焼く娘さんが、おそらく母親そっくりなのではないかと想像しました。

 

お父さんはその場の采配を娘さんに完全にお任せで安心しているようでした。

 

こういう光景を世間的に羨ましいというのでしょう。ただいるだけで周りの人をいい気分にさせるのですからすごいです。

 

いつまでもそばで見ていたいと思いました。