遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

急なお墓まいり

実家のパソコンをヤマダ電機でメンテしてもらった後、虫の知らせがあったので急遽親族のお墓まいりに行きました。当然、お供えやお花の用意は何もしていませんでした。

 

同行した父は「明日でもいいよ」と言ってましたが、遠縁のその方が風の便りに亡くなったと聞いてからずっと気掛かりでした。

 

ここで「何も用意してないから」と行かない言い訳を始めると、せっかくの思いが立ち消えになります。

 

これまで片付け、リフォーム、介護と自分の身の回りのことだけに奔走し周囲に気遣いするゆとりがありませんでした。

 

ウチがこのような状況だと知っている親族は、わざわざ気を遣わせるような冠婚葬祭の連絡をしてこなくなりました。

 

昔はよく行き来していて、私も可愛がってもらったその方は、去年の5月に亡くなっていたのを戒名で確認しました。

 

父の妹や従姉妹に連絡すると、実はみんな知らなかったそうです。えええっ‼︎

 

聞けばその方はお子さん達と折り合いが悪くなり、夫なき後の婚家を出てシェルターで暮らしていたそうです。そこで亡くなり、折り合いの悪かったお子さんの一人が手続きや納骨までしたそうです。

 

57歳で未亡人になり、舅姑を見送って田畑や仕事を頑張っていたのに。

 

他人にはとうてい想像できない出来事があったのだと思います。自宅は買い手のつきにくい場所にあり、売りに出していますが処分の見通しはたたないようです。

 

その方の舅が苦労して手に入れた家でしたが、三代で一家離散の結果になりました。

 

父の従姉妹にこの件で電話すると番号が使われていなくて、知らぬ間に転居していたことを初めて知りました。

 

一つのアクションでいくつも知らなかったことが判明しました。私の虫の知らせも馬鹿にできないようです。