読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

溺水防止

父が年度末の飲み会を楽しみにしています。介護生活の中での少ない楽しみは是非いかして欲しいので、必ず参加してもらいます。

 f:id:nozosan-net:20170325160329j:image

毎年土曜日と決まっているいので、母はショートステイで心配ない。飲み会終わりに帰宅後、鍵を開けて家に入るまでは大丈夫でしょう。問題は入浴中に浴槽で眠ってしまうことです。

 

これまで溺水で亡くなったお友達を何人か見送りました。

 

なのでこの数年、日程を合わせて帰省して父が寝床に入るまで見届けることにしています。

 

昼飲みなので心配する必要はないのですが、せっかくの楽しい集まり、お互い気掛かりなく過ごしたいのでトンボ帰りでも帰省します。

 

今年も日頃のフルートレッスンの成果を発表し、楽しく飲んで騒げたようで何よりでした。

 

素人の芸事とはいえ、人前で演奏するとなるとそれなりに練習もしなければなりません。適度な緊張は生活に張り合いをもたらします。

 

いちじは介護が大変になり、習い事そのものを諦めてしまいましたが、自宅のピアノ教室をリフォームしたタイミングで出張してくれる先生をご紹介戴き、前と同じように続けています。

 

今年は飲み会のお寿司屋さんまで私が送っていき、帰りに夕飯のおかずを持たせて戴き、思いがけず1人ドライブの時間まで楽しめました。

 

なんだかとても幸せな午後でした。