読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

まず自分のコップを満たそう

新幹線で認知症の母の介護に通いながら、掃き溜めのようなゴミ屋敷片付けに四年の歳月を費やしました。

 

40年以上モノを捨てない生活をしていた老人は、ガラクタ処分を極度に嫌がります。

 

廊下も部屋の四隅も家具だらけで、動線すらなく救急車が来ても担架を出せず、裏窓から母を出すハメになりました。

 

ひたすらガラクタゴミを解体→搬出するだけの歳月。私の心身がおかしくなってきました。

 

肩甲骨内側の刺すような痛み。2つのピンポン玉大の塊が、いつも痛くて呼吸が浅く憂鬱です。

 

かなりのドクターショッピングをしました。座禅、気功、太極拳など呼吸と姿勢にアプローチする習い事にも通いました。

 

根本原因を取り除かない限り気休めにしかなりませんでした。

 

ある日、頭皮が痒くて大きなコブができていたので鏡で見るとそこだけ禿げていました。

 

なんかもういろいろ無理かもしれない。

 

皮膚科で漢方薬を処方され、美容院で相談してその月はカラーリングをやめました。

 

「まず自分のコップを満たそう」と思うできごとでした。