遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

頼れる薬剤師さん

両親の掛かりつけ薬局がすぐ目の前なので、離れた医療機関の処方箋もお願いしています。なので両親のお薬データをすべて把握してくれています。

 

 f:id:nozosan-net:20170601172225j:image

在庫がない種類でもすぐ取り寄せてくれるので、非常に助かります。

 

母はアリセプトとメマリーという定番品のみですが、父は緑内障や血圧、整腸やら高齢者にありがちなそれ、ホントに必要なの?というお薬もあるので飲み合わせなど丁寧に説明してくれます。

 

これは減らしてもいいかもしれません、これはこのように工夫してみましょうと私にも説明してくれます。

 

ボンヤリとした不安をどのような言葉で伝えればよいか、素人はなかなか難しいと思います。

 

「薬剤師を上手く使ってほしい」といってくれて、薬剤師さんの認知症勉強会に参加して包括ケア・多職種連携を学んだり非常に意欲的です。

 

母の毎月のお薬は物忘れ外来から処方箋が発行され、ケアマネが自宅か薬局に届けてくれてスムーズに受け取れる仕組みになりました。

 

いっときは遠くの調剤薬局にケアマネが受け取りに行き、立て替えしてくれて後から払うという面倒だったのですが、状況変化でとても都合よくなりました。

 

 

薬剤師さんは父の動向にも気をつけてくれていて、私も心配な点があれば千葉からLINEします。

 

 

先日は朝に母を起こせなかった時、身体介助まで手伝ってくれました。

 

 

遠距離介護は1人で頑張っているつもりになりがちですが、実に多くの人に支えられて成り立っています。