遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

宮城県沖地震II

http://www.city.sendai.jp/kekaku/kurashi/anzen/saigaitaisaku/kanren/1978nen.html

1978年6月12日の午後、友達の家で一緒に宿題をしていました。

 

梅雨時でしたがその日は薄曇りで雨は降っていませんでした。

 

kaigo-mind.hateblo.jp

 

以前も投稿しましたが、大人も立っていられないほどの強い揺れでした。

 

私と友人は大人に守られて命拾いしました。その後なにごともなかったかのように帰宅し、家族も無事だったのであ~びっくりしたぐらいの出来事でした。

 

しかしテレビでは信号が動かなくなり混乱する仙台市内の様子が映り、造成された人気の住宅団地ではブロック塀が倒壊して死者も出ていました。地盤の弱い土地に手抜き工事だったようです。

 

災害が起きて初めて明るみに出たことだったのでしょうか。

 

私を守ってくれたご両親もその後大人の事情でお別れすることになり、なんだか不思議な出来事でした。

 

その日から東日本大震災まで32年9ヶ月。私はこの体験を活かすことができませんでした。