遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

国民宿舎のオーナーにウェブサイトがいけてないと指摘してしまった

移住したいぐらい山梨が好きなので、時々富士山を見に出かけます。

 

世界遺産とかパワースポットとかご利益ありきではなく、単純に好きな土地なんですね。

 f:id:nozosan-net:20170619194056j:image

河口湖のほとりに地味な国民宿舎があるのですが、これといった宣伝もしていないし、国民宿舎の検索サイトからも飛びません。(大人の事情で宣伝の必要性もないのだと思います)

 

6年前に初めて見つけた時は、そこそここ綺麗で温泉もあり料金も安くすぐに気に入ってしまいました。

 

今回も夜急に思い立って電話で問い合わせたら「空いてますよ」と言われて翌朝出かけました。

 

久しぶりでしたが、以前と変わらず知り合いの家に遊びに来たような雰囲気でした。

 

明るいうちから温泉を楽しみしゃぶしゃぶを戴いて、夜8時にはもう満腹で動けません。

 

少し横になって落ち着いたので階下にコーヒーを買いに行きました。そこでたまたまオーナーさんとお喋りする機会がありました。

 

以前から廊下に飾っている写真は趣味のカメラで撮り溜めたもので、ダイヤモンド富士や近隣の美しい風景がありました。

 

私は初めて宿泊した当時、大阪と宮城のダブル遠距離介護で死にそうに疲れていて、癒しを求めて来たのだとお話しました。

 

オーナーさんは登山は勿論、バイクも車も好きで充実した生活をされているようでした。高齢のお母様は毎日ゲートボールに出掛けてお元気そうです。

 

お仕事以外の充実した趣味を発信されたらどうでしょう?と提案しました。勿体ないですよ、と。

 

私が位置情報付きのしゃぶしゃぶ写真を投稿した画面をお見せしたら「有り難うございます」と仰ってましたがご自身はガラケーなそうで、夏期合宿の学生さんなどがアップしてくれていてもわからないようでした。残念。

 

この宿を皆んなに教えたい気持ちと、私だけの秘め事にしておきたい気持ちが混在しています(笑)