遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

今いる場所だけがすべてじゃない

世代を問わずイジメ問題が取り上げられていますが、日本社会特有の同調圧力に耐えられない人には暮らしにくい環境です。

 

特に地方の田舎・ムラ社会など異質なものは強制排除されますしね。みんなと違うとかいって。

 

最近ではそうでもないのかもしれませんが、それでも小・中学生のいじめ自殺のニュースを聞くと胸が痛みます。

 

どうにかできなかったのかなと。

 

みんな余裕がなくて、いじめとわからないように面白おかしくいじり倒す陰湿な手口なんでしょうかね。

 

私の親族のお墓が尼崎にあるのですが、近くの小学校の標語で大賞を取った作品が「やめようよ、ネットの書き込み卑怯だよ」でした。何年も校門前に立てかけてあります。

 

狭いコミュニティで一度つまづくと居場所がなくなるのでしょうね。そして大人になってもそこから出なければ、居心地の悪さは一生ついて回ります。

 

回りと違ってもいいし、おかしいと非難してくる人が責任を取ってくれるわけじゃない。そこにいたくなければ生きる場所は他にもある。

 

大人も子供も、自分の好きなように生きていいんだと認識すべきですね。

 

そして自由に振舞ってる人を妬むぐらいなら、自分も好きに生きたらいいんですよね。

 

いうは易し行うは難しかな。