遠距離介護とゴミ屋敷問題

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

常に同時多発なのでマルチタスクに

今回の帰省で実家のPCのウィルスソフトの更新が迫っていました。

 

サポートに電話しても次々にたらい回し。私は娘で介護で通っていて代理の手続きをしている、と状況を話して遠隔操作で手続きしてもらいました。

 

そこまで行き着くのに30分以上、そこからまた折り返し電話がきて指示され、合間にピアノ教室のブラックボードを書いたり(ウチは大家さんをしています)介護書類の整理や、父の昼食準備、掃除の途中だったりこま切れ時間に複数の用事をこなします。

 

フル稼働です。

 

傍目からはなにをしてるのかわからないかと思いますが、そこへ電気屋さんや包括支援の職員さんの訪問があったり、母の衣替えが途中で放置なんてザラです。

 

毎回、帰省時の用事を紙に書き出して済んだものから消し込みしていきますが、新しい用事が次々に発生します。

 

一つのことに長時間囚われていると、すぐ母がデイサービスから帰る時刻になります。

 

のんびりしていられません。

 

つい普段の生活でもさっさと決めてしまうことが多く、走りながら考える癖がつきました。

 

なので迷うとか躊躇するなどほぼなくなりました。