のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

遠距離介護

この人、私からなにを聞き出したいの?

40代、未婚、ひとりっ子、高齢親と同居という知人がお焼香に来てくれて、それはそれで有難いのだけど疲労困憊の私はまともな対応ができません。 そもそも母とは殆ど面識もなく、私とも親しいわけでもなく共通の話題もありません。 溜まりに溜まった事務処理…

地域に必要な冠婚葬祭ご意見番

突然の不幸で悲しむよりも葬儀の煩雑さで消耗してしまうのが現実です。 不安定な精神状態で大事なものごとを判断するのは難しく、葬儀のランクや戒名代など日頃なら選ばないようなものを選択してしまったりします。 冷静じゃないんですからそうなりますよね…

納棺師の神業

母の納棺に若くて可愛らしい女子がやってきました。 重いメイクボックスを携えて、とてもきちんとした対応でした。 湯灌からメイクまでそばで仕事を見せてもらい、どうやって勉強するのか?など質問すると 「学校などがあるわけではないので、師匠に弟子入り…

1年に2つ葬儀を出すとは夢にも思わなかった

10年も介護を頑張ったじゃないかと自分で自分をねぎらうも遠い昔の嫌な記憶が蘇ってきたり、私のことがわからなくなった母でも、もうお世話できなくなる寂しさもあり複雑でした。 父の葬儀から1年経たずにこの日がくるなんて思いもよりませんでした。 母は施…

介護施設の愉快な仲間たち

母がお世話になっている施設は利用者さん8人ぐらいずつのユニットになっています。 ユニットには名前がついていて、母のいるところは「すもも」と名付けられています。 そのなかに面白い利用者さんがいて、1人は93歳の男性で中国東北部の満洲で日本軍の兵士…

終末期医療と施設の退所届け

母は入院先で最期を迎えるだろうことを主治医が判断し担当ナースより連絡をもらいました。 県外に暮らしていて、それでも月に2、3回面会に来る私にナースステーションの皆さんが気づかいしてくれて、施設のお部屋キープ代もかかりますよね?先生に訊ねてみた…

障碍者手帳の更新

母が体調を崩して入院しているタイミングで障碍者手帳の更新時期がやってきました。 認知症で要介護5ですが別の疾患での入院なので、重度精神疾患での診断書が取れないという連絡をケアマネさんから受けました。 つまり手帳の更新ができないということです。…

介護から看護へ

りんご病と診断された母は点滴をしながら施設に帰り、みるみる元気になってきたので安心して帰宅しました。 翌朝、お墓まいりを済ませた私にまた連絡が。 昨日より状態が悪いので、午後受診の予約を繰り上げて今から病院へお連れしますとのこと。 急いで私も…

安易にUターン介護するなかれ

地方にいる年老いた親の介護のためUターンするのは考えたほうがいいですよ。 私のような遠距離介護を推奨しているわけではなく、程よい距離感やケアラー(介護者)自身の生活もとても重要ですから、介護だけの人生にしてはいけません。 同居にもデメリットがあ…

地位財から非地位財へ焦点が移る

周囲との比較で満足を得るもの、具体的には所得や貯蓄、役職などの社会的地位、家や車などを「地位財」 他人との相対比較とは関係なく幸せが得られるもの、健康、自由、愛情などを「非地位財」とよぶのだそうです。 そして地位財の幸福は長続きしないのにた…

離れて暮らす親のためにすぐやろう、減災アクション‼︎

そのうち、そのうちと日々の生活に流され準備しないまま災害はやってきます。 これまで何度か書いてますが、私の宮城県の実家は東日本大震災で被災し4日間両親の生死がわかりませんでした。 kaigo-mind.hateblo.jp 停電で電話は繋がらない。 使わないからと…

敬老お祝い金の受け取りだけでも一苦労

施設入所の母にも敬老お祝い金を受け取る権利がありますが、自宅にはいない、私も常時いないとなるとどうやって受け取るか?となります。 ちょうど帰宅した翌日、町会の区長さんより電話があり「のぞみさんいついる?お母さんの施設の事務所で受領印もらうよ…

機能性ディスペプシアってそんなによくあるの⁇

去年からみぞおちの痛みで食べたくても食べられず激ヤセしてしまいました。 ダイエットしている人からは「羨ましい」などと言われましたが、痛みは辛く美味しそうなものが受け付けられないのは本当に苦しいのです。 何度か検査をしてみましたが特になにも見…

認知症患者のオーラルケア

認知症になるとこれまでできたことができなくなります。 考えなくてもできていた、転んだら手をついて起き上がる、トイレで用を足す、顔を洗って髪を梳かす、歯を磨くなど。 なぜ介助が必要かというと身体が不自由というより、身体の使い方を忘れてしまって…

噛めなくなっても味わえる

介護生活が始まり歯を失っていくと食べる楽しみもなくなります。 数年前、そんな人々のために工夫された食材の試食会に参加しました。 当時、よく通っていたケアラーズカフェにメーカーさんがサンプルを持ち込み調理までしてくれて皆んなで試食しました。 今…

いつでもスタンバイ

遠距離介護をしているので基本的に2拠点居住です。 実家には生活用品その他揃っていますが、自分だけしか使わない化粧品、衣類、常備薬、介護や税務の書類や鍵などいつでも出掛けられるようにスタンバイしています。 着替えを置きっぱなしにしていてもいいの…

介護に通う自分を奮い立たせるために

毎月介護帰省しているのですが旅行じゃないので楽しいはずはありません。 自宅から実家までの乗り換えをシュミレーションしていて、年度替りにダイヤ改正があるとまた組み直しです。 憂鬱さを少しでも減らすために気持ちを分散させるようにしています。 いつ…

積極的に休もう

若い頃から睡眠時間の確保をメインに考えていました。 寝ずに遊ぶ、仕事するなど考えられません。 思えば自然と養生できていたようです。 しかし昭和の時代は寝る間も惜しんでなにかをやり遂げることが評価されていました。 いや、生物的に無理だし。つか自…

没办法 (しょうがないよね)

mei ban fa 中国語でしかたないよね、という意味だそうです。 自分のなかで上手く折り合いをつけたいときに使うといいかもしれません。 なんでも願う通りにはなりませんからね。 致し方のないこと、環境、いくらでもあります。 人間の意図でどうにもならない…

好きに動けるだけで充分幸せ

介護帰省に要する時間が長く、気づかぬうちに自分の生活を犠牲にしています。 ごく普通にぶらぶら買い物に行きたい、あれも見たい、あそこへ行ってみたいというささやかな願いが叶わないことも多々あります。 先日いつも服を買っているお店からSサイズ販売会…

私はマイルドヤンキーかもしれない

いや別にね、地元最高、俺ら仲間、絆とか叫ぶつもりは毛頭ないんですよ。 いつでも帰れる地元があって、周囲の人々と関係性が築けている。 私が不在でも家の管理や草むしり・剪定・畑作業までお願いできる。 町会のメンバーは何代も遡ればうっすら親戚。 近…

疲れて余裕がないとろくなことにならない

これは自分にも周りにも当てはまることです。 ゆとりがないから判断を誤る、キツい言い方になる、自分の主張ばかりする、言わなくてもいいことまで言う、相手を傷つける。 ほんのわずかな余白があれば、優しいもの言いや明朗な説明ができて共感されるものな…

高齢者の血管は脆い

いつぶつけたかわからない部分から内出血があったり、わりと些細なことで脳内出血や脳梗塞を起こしたりします。 あのときのあれが⁉︎と心当たりを探っても本当の原因かどうかもわかりません。 父は特に高血圧だったわけでもなく日頃の健康管理はきちんとでき…

噂の真相はどうやって確かめる

母がどの介護施設でも手がつけられずたらい回しにされている。という噂を聞いたのですが誰が言ってるんでしょう。 なんだか悪意のある話です。 誰に聞いたの?と訊ねると「福祉の仕事をしてる人から」という返事。 ぼやかした言い方だけど、あなたのお友達の…

不足を数えたらきりがない

もっとこうならいいのに。あの人はいいなぁ。 比べても仕方のないことを比べて羨んでしまいます。 じゃあ自分にはなにもないのかというとそうではなくて、すでにあるものには気づきにくいだけなんですね。 私は遠距離介護をしていて、常に気力体力の削がれる…

後期高齢者医療保険と障害者手帳の更新

後期高齢者の医療保険は年金からの天引きになって久しいのですが、途中で年金の支給額が変更になると保険料も変わるので自動天引きできなくなります。 聞いてませんよね。 ちょうど帰省のタイミングで郵便物が届いたので役所に問い合わせすると、なぜこのよ…

私としたことが夏もスタッドレスで走っていた

実家は地方の田舎で車社会です。 電車もないですしタクシーに乗るのは高齢者ぐらい。バスも一本逃すと次までかなり待たなければなりません。 結局待つのが面倒なのと、住宅街の中まで停留所がないので車を手放す選択は難しいのです。 介護帰省で買い物や施設…

動揺すると食べ物の味がわからない

おそらく私だけではないと思います。 しょっちゅう母の施設から連絡があり、母の体調次第でどうにもできない相談をされると「このまま母もいなくなってしまうのではないか」と思うあまり一気に食欲が失せます。 ついでに味もわからなくなります。 いずれそう…

母の粋な取り計らい?

お盆の数日前から母が発熱し寝汗をかき、ほっぺたが真っ赤になって食べ物も水分も取れなくなりました。 私の帰省に合わせたのか、施設からまた連絡が入り「再度、受診しますがこれますか?」って。 ちょうど実家でお盆の準備をしていたところでした。 あ、ま…

緊急電話で気が休まらない

自分のメンテナンスのため鍼灸治療を受けていたある日、ベッドの下で携帯が鳴りました。 「出ますか?」とドクターに聞かれましたが、取ったところでまともな対応のできる状況ではありません。 なにしろうつ伏せで吸い玉を付けているのですから、瘀血(汚れた…