のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

この感覚は私だけなの?

父がいなくなっても悲しさは殆どなくて、姿は見えないけれどいつも一緒にいる感覚なのです。

 

人に話すと驚かれるのですがこれはどういうことなのでしょうか。

 

もうこの世での互いの役割は済んだということなのか、だいたいの考え方は把握しているからなのか。

 

母の介護を含め今後の生き方、いずれ家を手放すとか墓じまいをするなどさほど迷いはありません。

 

生きている頃に徹底して話し合ったわけでもありませんが、そうなっていく予測のつくものはそのタイミングで着手していくだけだと思います。

 

自分がご先祖様に悪いことをしているとか疚しいなどといった意識はありません。

 

それもこれも、おそらく自分の限界値を超えて実家の片付けや遠距離介護をし父を見送り、もうやりきった感でいっぱいだからかもしれません。