のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

施設のスタッフさんから正直な連絡

母の義歯が紛失したと連絡があった数日後、今度は昼食後ソファで休憩していたら、目を離したすきにずり落ちて頭を打ったかもしれないと電話がきました。

 

スタッフさんもよくない連絡をするのは勇気がいるでしょう。

 

私も大概気を抜いて過ごしているところの不意打ちですから驚き具合も半端ないのです。

 

最近は「命に別状なければ相応の対応でいいや」と思うまでになり、すぐ行けないので経過観察と必要書類、医療費などきちんとしておいて欲しいとお願いするようになりました。

 

毎回驚いていたら命がいくつあっても足りませんから。

 

以前は父が対応してくれていましたから、クッション材があったのです。

 

今はすぐ駆けつけられる距離ではないし、たとえすぐ行けても専門的な対応が私にできるわけではないので、途中経過を聞きながら近くの叔母に繋いでもらっています。

 

母は取り敢えずなにもなかったように過ごしていたようで、それでも2回ほど私から連絡を入れました。

 

ユニットで一番母と仲良くしてくれているスタッフさんが母と電話を代わってくれました。

 

「あ〜う〜、わわ〜」というご機嫌そうな声が聞こえたので「ママ、楽しいの?ご機嫌なの?」などと噛み合わないなりに会話をしました。

 

毎度自分が試されているような気がしますが、構えすぎず驚きすぎず、最善の対応をしていくよりないようです。