のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

身体が磁石じゃなく砂鉄⁇

普段降りない駅に用事があり、帰りに気になる通りを歩いているとお洒落なカフェを見つけました。

 

早速入ってコーヒーを注文すると一周年記念で焼き菓子がついてきました。

 

店内に古いピアノがあるのでオーナーにお話しを聞くと、ときどき演奏会をするのだとか。

 

私もピアノ教室の大家さんをしているので、どんな活用方法があるのか、習い始める前の体験会などいいのでは?などのお喋りをしました。

 

私の教室での体験会は9割がた入会するつもりの方ばかりなので、習わなくてもただ触るだけ、という機会はなかなかありません。

 

ゆったり過ごした帰り足、その日だけのマルシェを近くの古民家でやっていて、ちょうど椅子ヨガが始まるところでした。

 

自分もヨガインストラクターで他の人の教え方が気になるので急遽参加しました。

 

私以外は皆さんお知り合い同士らしく、アウェイ感がありましたが楽しくレッスンできました。

 

終了後イントラさんとお話しすると共通の友人がいたり、今後エアリアルヨガやピラティスも取り入れてみては、などのお話をさせていただきました。

 

マルシェにはヘナやメヘンディのボディアートの方もいらして、以前からワンポイントが欲しかったので足にロータスを描いてもらいました。

 

レンタルスペースとして利活用されている古民家の存在を知ったり、通りかかっただけなのにヨガもメヘンディも望んでいたことが一気に叶ったような不思議な1日でした。

 

この数年このようなことがたびたびあるのですが、自分のなかの砂鉄が磁石に対してよく反応するようになったのかもしれません。