のぞみのデュアルライフ(遠距離介護とゴミ屋敷問題)

不仲な親の介護と実家のゴミ屋敷化に悩む皆さんへ

洗車雨と催涙雨

七夕にちなんだ雨があるそうですね。

 

洗車雨は織姫に会いに行くために彦星が牛車を洗う水。

 

えええっ‼︎やっぱりデート前の洗車はマナーなのね。

 

催涙雨は七夕しかあうことのできない織姫と彦星が、雨で天の川が渡れず流す涙のこと。

 

なんてロマンチックなんでしょう。

 

私もはじめて聞きました。

 

さて今年の七夕も集中豪雨の地域があったり天候不順です。

 

去年の福岡県朝倉市の線状降水帯からの豪雨被害から一年経過しているのですね。

 

朝倉市にある老舗の味噌メーカーさんがお店ごと流されてしまい、再建を目指したいということで寄付金付きの商品を購入しました。

 

その後の経過は注視していませんでしたが、軌道に乗っていることを願っています。

 

ちなみに商品は東北出身の私にはあまり馴染みのない麦味噌で、毎日美味しいお味噌汁をいただきました。

 

こういうことがなければ知る機会すらなかった商品でした。

 

届いたときは桶に丁寧なお手紙が入っていました。

 

いつどこでどんな形で被災するかわかりません。

 

私も認知症の母がいる実家が東日本大震災で被災しました。

 

幸い被害は小さく両親も無事でしたが、生死の確認ができなかった4日間は生きた心地がしませんでした。

 

千葉もけっこう揺れたのに周囲の人は他人事で、私の状況を詳しく知らないからか「輪番停電になったら冷蔵庫の中身どうしよう⁇」などという無神経さに呆れました。(知らないのだから仕方ないんですがね)

 

自分だって被災するかもしれない、もし免れたなら被害に合った人を少しでいいから手伝ってほしい。

 

そんなことを思っています。